フリーズドライ製法

お肌は生きています。だからこそ、肌に使う化粧品は鮮度が大切です。
皮膚再生医療で使われるコラーゲン、ヒアルロン酸を−85°Cで瞬間凍結し、真空乾燥する「フリーズドライ化(凍結真空乾燥法)」に成功しました。
防腐剤、界面活性剤なしで、使用する直前までその鮮度を100%キープします。フリーズドライ化されたアテロコラーゲン、バイオヒアルロン酸は、臨床応用される培養真皮のマトリックスとしても使用されています。

スポイトでミネラルウォータを加えると3分ほどで新鮮な美容液が完成します。
美容成分のみをフリーズドライ化することで、お肌に影響を与える界面活性剤や防腐剤の不使用が可能。
美容液の濃度がしっかりあるからこそ、フリーズドライでスポンジ状の美容液になります。もし、水分ばかりの美容液であればこのようにきれいなスポンジ状の美容液にならず、スカスカになってしまいます。

関連記事

  1. シルク乳化製法