室戸海洋深層水

高知県・室戸沖から汲み上げた水

海水は人間の血液のミネラルバランスとほぼ同じといわれ、海は生命の母であり生命誕生はすべて海から始まっています。その母なる海のなかでも理想的なミネラルバランスで知られる海洋深層水。
地球上には、海洋深層水が沸き上がる海域は全海洋面積のわずか0.1%しかないといわれ、世界の魚類生産の約半分がこの0.1%の海域で生産されています。このように「海洋深層水」には豊富な栄養素が含まれています。

日本の海洋深層水発祥の地である高知県室戸沖。エストラボ室戸工場は、この水を化粧品につかいたいと、1999年に故シュウ・ウエムラ氏によって建設されました。取水ターミナルから工場まで直結したパイプラインから供給される海洋深層水を使用し、貴社オリジナルの化粧品を製造開発いたします。


室戸工場から生まれる「海洋深層水」は完全に脱塩された水ではありません。
ミネラルのバランスは羊水に近い性質を持ち、お肌に必要なミネラル(NMF 因子)を含んでいるため、浸透速度が通常の精製水と比較して約3倍、線維芽細胞の増殖速度も5倍以上というデータが確認されています。「海洋深層水」に含まれる無機塩類がこれらの要因であることは公的に認められています。

関連記事

  1. 霧島名水

  2. ビタミンC還元水

  3. マイナス 700mV の還元水